フィニッシャーの上流における原料導入

MRS押出機プロセスの下流において、エチレングリコールを溶融フローに注入し、混ぜることが出来ます。この方法で、導入原料の粘度は均一化されます。エチレングリコールをまぜた溶融体は、ロータリーメルトフィルトレーションシステムRSFgeniusで濾過されます。粘度が低いおかげで、相対的に小さなフィルトレーションシステムで良質なフィルトレーションを実現できます。そして精製されたポリマーは、オンライン粘度計を通ります。ここでは、エチレングリコールの量を制御し、一定の粘度を保ちます。ブースターポンプを活用して、ポリマーは主流である、仕上げ材の上流溶融フローに投入されます。スタティックミキサーを用いて、再処理されたエチレングリコールを混ぜた原料は、主流の原料フローへ再投入され、リサイクル原料とバージン原料はフィニッシャーへと移されます。そこでは、バキューム下で重縮合が行われ、PET溶融体はそこからスピニングビームへ移されます。

waste_to_fiber_en